ゲーム紹介:ルーンバウンド拡張:アル・カリムの大砂漠

0 Comments
すごろくや

灼熱の中で伝説の事件4つを追う
ルーンバウンド拡張:アル・カリムの大砂漠(英語版) / Runebound - Sands of Al-Kalim
メーカー: Fantasy Flight Games (ファンタジー・フライト, US), 発売年: 2006年
作者: Martin Wallace(マーティン・ワレス), Darrell Hardy(ダレル・ハーディ), Robert Vaughn(ロバート・ヴォーン)
12才~大人, 2~6人用, 所要180分, ルール難度:★★☆

ルーンバウンド拡張セット - 大砂漠:箱
ルーンバウンド拡張セット - 大砂漠:展示用写真

勇者となって剣と魔法の世界を冒険する『ルーンバウンド』に加えて遊ぶ、豪華な拡張セットです。ルーンバウンド本体がないと遊べません。

この拡張版では、あなたは隠された地へと導く鍵を見つけた勇敢な冒険者となります。さて、あなたは“アル・カリムの99の物語”に名を残す英雄となれるでしょうか。それともまた、名もなき冒険者として時代の砂に飲み込まれてしまうのでしょうか。

物語

アル・カリムの大地のほとんどは砂漠の砂丘に覆われており、恵みのオアシスは“アル・カリムの99の物語”として知られる逸話や伝説の宝庫です。 これらの物語には、文化、宗教、土地の歴史などが織り交ぜられて、吟遊詩人や賢者ですらその真偽のほどを見極めることができません。 物語に登場する英雄たちは、不滅の人々として知られ、永遠の生命が授けられています。 こうして彼らの物語が語り継がれる限り、彼らは神のような存在としてこの大地を見守ります。 どの時代においても一度だけ、集められた99の物語に従い、外部の一団が神秘なる大地に通ずる道を発見するといわれています。 そして、その勇者の一団の中から、4つの伝説のクエストを達成できた、ただ1人だけが彼自身の名を伝説として語り残すことになるでしょう。 これは100番目の物語として加えられ、彼もまた不滅の存在の1人となるのです。

特徴

この『アル・カリムの大砂漠』は、他の『ルーンバウンド』の冒険とは異なり、物語を展開していく遭遇カードとイベントカードがありません。
また、昼夜の概念があり、行動の前に、昼と夜のどちらに行動するかを決めなければなりません。昼間に旅をすれば、最も過酷な状態で砂漠にさらされることになりますし、夜間に旅をすれば、とても危険な敵に遭遇しやすくなります。

ゲームの目的

このゲームの目的は、英雄となったブレイヤーたちの中で、最初に4つの伝説のクエストを達成することです。 クエストは、どれをとっても神秘に満ちた物語の1つです。 自身の物語を完成させた(そして栄誉を勝ち得た)最初の英雄は、永遠という褒美を手に入れ、彼の物語は“アル・カリムの99の物語”に加えられます。 彼の物語が時代を通して語り継がれる限り、この英雄は永遠に生き続けるのです。

5つのストーリー要素から選んだ4つのクエストを成功させることで、英雄は物語を完成させます。 5つのストーリー要素とは、忠実なる仲間を雇ったり、魔法の乗り物や旅での別の移動手段を手に入れたり、永い間失われていたアーティファクトを発見したり、強力なルーンを創造したり、驚くべき場所を探険することです。 これら5種類のクエストは、達成するとそれぞれに応じた伝説の報酬を獲得できます。 4つの伝説の報酬を最初に集めたプレイヤーが勝利します。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入