バナー:ダニー:映画を想う

ゲーム紹介:ダーダオチェン (2019年版) / 翻轉大稻埕 / Dadaocheng

0 Comments
すごろくや
ダーダオチェン(2019年版):サムネイル

連鎖パズルで産物集め施設を建築
ダーダオチェン(2019年版) / 翻轉大稻埕 / Dadaocheng
メーカー: Soso Studio (ソーソースタジオ, 台湾), 発行年: 2019年(初版2015年台湾)
作者: 高宇呈 (イーソン・カオ) & 蔡惠強(ツァイ・フェイ・チャン, 代表作:『キャッスルクラッシュ』)
10才~大人, 1~4人用, 所要45分, ルール難度:★★(2)

ダーダオチェン:箱

『ダーダオチェン』は、4×4マスでのタイル交換やめくりで同色3直列を揃えて産物5種を集め、それを元手に商店や洋館、貨物船などを建設して商業都市の発展に貢献するゲームです。

ダーダオチェン(2019年版):展示用写真

1人ずつ代わりばんこに、中央4×4枚のタイルの〈場所交換〉や〈めくり〉を行ない、同種(色)タイルの直列3枚を揃えて、その種の〈砂糖〉や〈茶葉〉などの産物を獲得し、集めて消費することでさまざまな施設カードを入手してその得点を競います。

ポイントは、この「直列揃え」が連鎖させられることです。
色を揃えた直列3枚のタイルはすべてめくります。 タイルは両面が別色構成になっており、めくることで異なる色が現れます。 それがきっかけで、さらにまた「同種直列3色」が揃うことがありえるのです。

この連鎖が発生するたびに産物が獲得できます。 このため、タイル下部に示された裏面の色をよく見つつ、連鎖を何段階も発生させられる「着火」場所を見出すのが肝になります。

ここがオススメ:

中央の場のパズルのような「産物エンジン」の効率化と施設建築の運用計画を深く考えるのが楽しいゲームです。 連鎖を何段階も発生させられる場所を見出そうと躍起になります。 ライバルの獲得動向も伺いつつ、中長期で建設に必要な産物を見極めていきましょう。
じっくり楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめです。

2019年新版

獲得要素とボーナス要素の管理を手元のボード2種類に集約することで整理し、手順がよりスマートに簡略化され、戦略性が増しました。 また、旧版で問題になっていた「連鎖のループ」が、連鎖の歯止めと獲得要素を兼ねた産物キューブをタイルに置くことで改善されています。

改訂版日本語説明書付き

原版の説明書に基づき、より分かりやすく修正を加えたすごろくや独自の日本語説明書をお付けしています。 元の説明書では不明だった点も、メーカーと作者さんの確認により網羅されています。

すごろくやのスタッフレビュー:

何よりの特徴は資源を得るためにパズルを上手いこと連鎖させる必要があること。 2連鎖程度ならすぐ思いつくが、資源を大量に得るためには3、4連鎖させる必要がありそれが難しくも思考するのが面白い。 またその苦労の結果、自分のボードを進められるので都度「小さな達成感」があり遊んでいて飽きず、「早く自分の番が来て欲しい!」とワクワクする。 ゲームにある程度慣れた人向けであり、マークの効果などの把握にやや時間は掛かるが、その手間以上の面白さがある。
(ショーゴ/好きなゲーム:アンドールの伝説、ヒトトイロ、レジスタンス・アヴァロン)

旧版の分かりづらい手続きや手間が改善され、大幅にプレイアビリティが向上している。 旧版は、煩雑なルールに気を取られ、メインとなるパズルフェイズがやや楽しみづらかったが、新版ではそれらが解消され、とても楽しめた。
(さいとー/好きなゲーム:イチゴリラ、ガイスター、ベストフレンドS)

うまくできるとパズルのコンボ、個人ボードのコンボが繋がり一手番の手応えが気持ちが良いです。 ゲームが好きな人にはかなりおすすめです。
(やすもと/好きなゲーム:デュプリク、ベストアクト、クー)

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入