ゲーム紹介:目撃者たちの夜

1 Comments
すごろくや

人物移動の目撃で犯人所在を相談
目撃者たちの夜
メーカー: すごろくや (日本), 発行年: 2019年(原版2017年)
作者: 渋江玖琉 (代表作:『スノーマンション』『ワンナイトマンション』)
8才~大人, 3~6人用, 所要10分, ルール難度:★☆(1.5)〜★★(2)

目撃者たちの夜:箱

『目撃者たちの夜』は、洋館内での殺人事件を題材に、1人ずつ【人から回ってきた人物カード1枚と山札から引いた人物カード1枚のうち、1枚を自分に、もう1枚を人に回す】を繰り返したのち、各自の目撃証言を元に相談することで、殺人鬼カードの所在特定を推理するゲームです。
2017年発行の自主制作品カードゲーム『ワンナイトマンション』がパワーアップしたスタンダード版です。

目撃者たちの夜:内容物

【物語】
ある夜、遠く人里離れた山奥の館に招待された客人たち。 ところがその夜、主催者である館の(あるじ)が何者かによって殺されてしまいました。 殺人鬼はたしかに今夜の客人たちの中にいるはずで、このままでは恐ろしい殺人鬼によって皆殺しにされてしまいます。 客人たち全員で相談し、殺人鬼と疑わしき人物を投票で決めて、地下にあるボイラー室に朝まで拘束しようとまとまりました。 全員で、主が殺された直前の目撃情報を報告しあって相談・推理し、みごと殺人鬼を見つけ出せるでしょうか?

1人ずつ代わりばんこに、客人殺人鬼など、直前の人から渡された人物カード1枚と、山札から引いた人物カード1枚を天てんびん秤に掛け、どちらか1枚は確保して自分のキャラクターとし、もう片方の1枚は次の人を指名しては渡す、ということを繰り返していきます。全員に行き渡ったら、全員でどの人物カードが誰のところから・誰のところまで移動したか、の目撃情報を報告・相談しあい、殺人鬼の所在を推理します。

目撃者たちの夜:展示用写真

かたや、殺人鬼やその仲間を自分として選んだ人たちは、誰が殺人鬼なのかを当てられないように、ウソの目撃情報を流して他の人が疑われるように仕向けなければなりません。

話し合い後の投票により、最多投票を殺人鬼に集められれば全員の勝ちで殺人鬼とその仲間の負け。そうでなければ全員の負けで殺人鬼とその仲間が勝ちです。

ここがオススメ: 矛盾する目撃証言が発生したときに、その人たちから前の人が疑わしいことは判りつつも、誰の証言を信じていいのかの疑心暗鬼でドラマを生むのが楽しいゲームです。

「自分の役割を偽る人を見抜く」ことから、よくある人狼系ゲームの類と思われがちですが、趣はかなり異なるゲームです。司会者も不要、目をつぶるのも不要で、「大体は誰が何か判る」中で目撃証言のズレが一部に集中するため、各自が自分の意思で推理して決められる楽しさと気楽さが魅力です。

また、使用する人物カードの組み合わせで構成されたレベル1〜8の章立てにより、段階的に、またメンバーやシチュエーションに応じて多様な遊び方ができるようになっているのもポイントです。

1ゲーム10分と短い時間で何度も手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

すごろくや版『目撃者たちの夜』 原作『ワンナイトマンション』の面白さや魅力を最大限に引き出すために、主に次のような変更が加えられています。

  • 「客人と殺人鬼だけ」から「人物全部入り+」まで、使用する人物カードの組み合わせでレベル1〜8の章立てが構成されています。それぞれの組み合わせにより、人物効能への理解がより深まったり、そのセットならではの意外な面白さが楽しめたりします。
  • 各人物が、カードだけではなく分厚いタイルとしても存在し、章立てに応じて今回使われている人物とその効能を把握しながら遊べるようになっています。
  • それぞれの人物カードに効能テキストが記載されました。
  • 「書斎」や「ラウンジ」など、館の中の場所を表すカードが導入され、カードを回す際に「誰かが書斎に行くのを見ました。」といった具合に、「館内での事件」のテーマをより感じられるようになりました。
  • 客人が2→4枚に増え、さらに赤/青/黄色の「服の色違い」が導入されました。
  • 「富豪」の効能は1.5票→2票に、「執事」の効能は0.5票→0票になりました。
  • 「地下牢」は地下の「ボイラー室」になり、「殺人犯」は「殺人鬼」になりました。
  • 説明書が簡潔にまとめられており、初めてでもすぐにゲームが始められます。
  • 『ナンジャモンジャ』や『犯人は踊る』級のコンパクトな小箱になりました。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 1

まだコメントはありません。
クルブシ  
家族で楽しめました

8/3(土)のすごろくや祭に行って
先行発売で購入しました。

8/4(日)に家族でプレイしました。
42歳の妹の旦那さん、35歳の妹、5歳の娘
そして、39歳の自分、4人でプレイしました。
最初は、客人4人と殺人鬼のカードで
スタート!

殺人鬼になる人がおらず
全員殺人鬼をスルーして終了!

全員が勝利したので
次は客人3人、殺人鬼、共謀者で
スタート!

誰か1人が、必ず殺人鬼側になるので
殺人鬼側で全員を欺くストーリーを
考える展開に発展!

目撃情報が次々と明らかになっていく中
最終的に客人が殺人鬼としてボイラー送りに!

殺人鬼サイドで勝利した快感は格別!

目撃者の夜を作ってくれて
ありがとう御座いました!

今後は家族会でのマストアイテムになりそうです!

洋館で羊羹の購入者より

2019/08/10 (Sat) 01:19 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入