ゲーム紹介:いそいでさがそう / Greif Zu!

0 Comments
すごろくや

サイコロ指示で絵を早取りか静止
いそいでさがそう / Greif Zu!
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2018年(原版1994年)
作者: Wolfgang Kramer (ヴォルフガング・クラマー, 代表作:『ニムト』『ヒューゴ』など多数)
4才~大人, 2~4人用, 所要5〜10分, ルール難度:★☆ (1.5)

いそいでさがそう:箱

『いそいでさがそう』は、全員いっせいに、毎回振られるサイコロ4個の絵柄を場のタイル群から急いで探して集めつつ、ときどき出る〈今回は触るな〉指示や、〈該当物なし〉の指示を間違わないようにするゲームです。
豪華な木製タイル版の1994年の名作『いそいでさがそう』が、厚紙タイルになってHABA社から再販されたリメイクタイトルです。

いそいでさがそう:展示用写真

ここがオススメ: 素早く図形認識力を発揮して、サイコロのシルエットと一致する絵柄のタイルをいち早く見つけて早取りする、という、基礎的ですが強力な楽しさに、取れるものなら立て続けに複数の絵柄を取りたいと駆り立てられる刺激が加わってとても熱中します。そして、その熱中度の高さを逆手に取るような、ときどき発生する〈今回は触るな〉の発生によって、誰しも「解っているのに取ってしまう」間違いをしてしまい大笑いで盛り上がるゲームです。
手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
スポンサーサイト
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入