ゲーム紹介:夢:第十三章 / Wonderland XIII

0 Comments
すごろくや

止め時を図り鍵でアリス達を収集
夢:第十三章 / Wonderland XIII
メーカー: Play With Us Design (プレイウィズアス, 台湾), 発行年: 2018年
作者: 陳曦 (Shi Chen, シー・チェン)
6才~大人, 2~4人用, 所要15〜30分, ルール難度:★★ (2)

夢:第十三章:箱

『夢:第十三章』は、「不思議の国のアリス」を題材に、〈鍵で場の扉(山札群)のどこかを開錠〉し、〈そこに1枚表向きで人物カードを送りこんで両脇2枚を暫定獲得〉を繰り返しつつ、人物カードの効能を駆使し、〈同じ3人揃いで暫定獲得カード没収〉の危険を察知して止め時を図り、登場人物の6種類のカードを手元に集めて組み合わせ得点を競うゲームです。

夢:第十三章:展示用写真

ここがオススメ: ブロンズ製の凝った鍵や、同じ人物でも絵柄が異なるカードなど、「不思議の国のアリス」の幻想世界のイメージを活かしつつ、たった6種類の絵柄だけのカードで、

  • どこの扉(山札)を開けるか
  • 得点組み合わせ状況を鑑みてどの人物カードを山札に戻すか
  • 暫定獲得した人物の能力をどう使うか
  • さらに引くと「同じ3人」になりうる可能性はどのくらいか
  • ここで止めると次手番の旨味はどの程度か

といった駆け引きが絶妙に絡み合って楽しいゲームです。カードの引き運は多少ありますが、基本的に同じ人物カードがたくさん入っているため、無謀な運任せは命取りで、「常に起こりうる」前提でロジカルに考えることになります。
短時間でじっくり楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてかなりおすすめのゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入