ゲーム紹介:マイストーリー / My Story

2 Comments
すごろくや

仕事や思い出の蓄積で人生を彩る
マイストーリー / My Story
メーカー: Homosapiens Lab (ホモサピエンスラボ, 台湾), 発行年: 2017年
作者: Smoox Chen, (スムークス・チェン)
10才~大人, 2~4人用, 所要45〜60分, ルール難度:★★☆ (2.5)

マイストーリー:箱

『マイストーリー』は、22歳からの人生と称して、その都度得られる収入・知識・人間関係などの要素の組み合わせに応じて、場にある思い出の出来事や職業、実績などを獲得しながら、自分の経歴および循環する山札を肥やしていき、30代/40代での同窓会で多少見栄を張ってでも得点要素を勝ち取り、50歳の時点での評価得点を競うゲームです。

マイストーリー:展示用写真

22歳から50歳までの人生をより経験豊かに過ごすことでその評価点を競います。

マイストーリー:経歴と循環

1人ずつ代わりばんこに、自分の山札からランダムに引いた4枚を使って、手元のボード上にある自分の〈収入〉〈知識〉〈心身〉〈家族/社会〉〈人間関係〉などの〈人的要素〉コマを上昇させます。
ボード左側にある、これまで積み重ねてきた職業やスキルなどの経歴が多いほど、使ったカードとのコンビネーションが働き、より多くの要素を高い段階まで上げられるでしょう。

マイストーリー:計画とストーリー候補

こうして上げた要素で、「バリスタ」「金融投資」「家族旅行」「残業」といった、中央のボード上にある〈職業〉〈スキル〉〈思い出の出来事〉カードを、それぞれの上部に記された必要な要素分消費して1枚だけ獲得していきます。

この獲得されたカードは、自分の山札の作り直しのときに混ぜられ、人的要素を上げるのに使えたり、これまでの職業を上書きしたりスキルを上げたりして〈経歴〉として永続化することでコンビネーションを生むようになります。 どんな要素を上げると何が手に入るのか、計画性をもって獲得していきましょう。

また、カードを獲得したり、経歴を積み重ねたりするには、必ず〈年齢〉を消費しなければなりません(ボード周囲の自色コマ)。 評価対象となる人生は50歳までしかありませんので、効率的に年齢を消費していきましょう。 ただし、時には大きく年齢を消費してでも、次につながるカード獲得や経歴作りも大切です。

さらに、30歳代と40歳代に開催される〈同窓会〉が極めて重要になります(中央ボード上段)。 開催中、最終的な自分の経歴を大きく得点化する〈功績〉がカードとして陳列されます。 年齢の消費などを多少無理してでも、「同窓会に出る」と称してこれらの功績カードを獲得しなければ、ライバルに大きく差を付けられてしまうでしょう。

こうしてゲームを続けていき、全員が50歳に到達したらゲーム終了。 功績カードのボーナスや経歴、山札内の得点要素の総合計がいちばんの人が勝ちです。

ここがオススメ: 若いうちは比較的自由ですが、獲得物によって上昇させられる人的要素が偏り、自然とYouTuber→エンジニアなど、その偏りに応じた系統の経歴が積み重なっていく、現実味のある人生感が楽しいゲームです。 同窓会が極めて重要な位置付けにあり、同窓会でいかに活躍を披露できるかが問われます。
じっくり楽しめる大人向けとしてたいへんおすすめのゲームです。

対象年齢10才からとありますが、職業やスキルなどのカード名称が中国語(台湾華語)か英語だけなので、その2つからある程度理解できる年齢・メンバー構成が必要になるでしょう。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 2

まだコメントはありません。
ぎん  

はじめまして、コメント失礼します。
こちらルールブックも中国語あるいは英語でしょうか?
その場合、和訳ルールも添付されますか?

2018/01/07 (Sun) 20:16 | EDIT | REPLY |   
すごろくやスタッフ  

ぎんさま

> こちらルールブックも中国語あるいは英語でしょうか?
> その場合、和訳ルールも添付されますか?

英語と中国語と日本語の説明書が同封されています。
特に記載がない限り、弊店のボードゲームはすべて日本語説明書付きですのでご安心ください。
よろしくお願い致します。

2018/01/07 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入