ワークショップリポート:11/27 みんなの作業場 @ 座・高円寺

0 Comments
すごろくや

こんばんは。半年以上前になってしまいましたが、昨年11月末に催した、高円寺でのキッズ向けワークショップ“ゲームを作ってみよう Vol.2”のリポートです。

標準問題での組み立て

場所は、高円寺駅から東へ徒歩5分ほどの場所にある、多目的ホール「座・高円寺」内の1ホール。子供たちのために、学校では体験できないような、趣向を凝らしたさまざまな教室を定期的に開催している「みんなの作業場」の一環として行ないました。

昨年(2011年)1月の「ゲームを作ってみよう」第1回目に引き続き、ゲーム作りの片鱗を体験してみようという主旨で、今回第2回目は時間内に設計図通り積み木を組むゲーム「メイクンブレイク」の巨大版を題材に、「協力プレイ」「人に求められる適度な難易度作り」に挑戦しました。

問題作りの相談

チーム内で相談し、ブロックの組み合わせを考慮した問題作りを行ないます。

問題の難易度

組み合わせの難易度に応じて、完成したときにもらえる得点を、+1点(やさしい)〜+3点(むずかしい)まで設定します。

問題アピール

各チーム3つの問題が完成したらゲームスタート。1チームごとにブロックを組み立てる係になり、他チームが作った問題を1つずつ選んで組み立てていきます。
作る方としては、組み立てがより簡単で得点が高いものを選んでいきたいところです。一方、他チームは自分たちの問題が選ばれると得点になるため、積極的に「使って!使って!」と盛大なアピール合戦をします。
この辺りで、とにかく難しい問題を作ってしまった男の子チームが、自分たちの問題がなぜ選ばれないかに気付きはじめます。

選択問題の組み立て

選んだ問題を制限時間内に組み立てていきます。チームワークを活かして効率よく作れるでしょうか?

得点発表

これを何度か繰り返し、結果、コアラチームの優勝!

記念撮影

仲良く記念撮影。みんなお疲れさまでした。

スタッフの方によると、それまでの「みんなの作業場」ワークショップの中でも最高級のテンションだったとか。
協力プレイとお題&得点作りという2つを詰め込んでみましたが、とても楽しそうに遊んでもらえて良かったです。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入