ゲーム紹介:どろぼう一味(いちみ) / Ganovenbande

0 Comments
すごろくや

手札の指定特徴に合う泥棒を探す
どろぼう一味(いちみ) / Ganovenbande
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発行年: 2011年
作者: Anja Wrede (アンヤ・ヴレデ) & Christoph Cantzler (クリストフ・カンツラー)
6才~大人, 2~4人用, 所要10~15分, ルール難度:★☆ (1.5)

どろぼう一味:箱

『どろぼう一味』は、毎回示される泥棒の特徴(ひげ、帽子、サングラス、など)を、全員一斉に自分の手札から探し、該当する枚数を確認→いち早く申告して得点を稼ぐゲームです。

どろぼう一味:展示用写真

全6ラウンドで、毎回〈指名手配カード〉がめくられ、今回の泥棒の特徴(ひげ、帽子、サングラス、など)が明らかになります。
全員、これを見ていっせいに自分の手元に置いてある手札を取り、その中に該当する特徴をもつカードが何枚あるのか、急いで数えます。

正確に数えられた(と思った)人は、早い者勝ちで泥棒袋コマを取ってその数を発表します。答え合わせをし、もし合っていればカードが手札に1枚追加されます。最終的な勝敗は手札の枚数で決まるため、ごほうびのようでもありますが、枚数が増えれば数を数えるのが少しずつ難しくなっていくでしょう。もし外れた場合には他の人全員にカードが与えられます。

特徴的なのが、次のラウンドの準備として、全員が手札の内容を見た上で任意の3枚を隣の人に渡す、という点です。これをうまく使えば、次の特徴を予想して、より数えやすくできるかもしれません。

こうしてゲームを続けていき、全ラウンドを終えたらゲーム終了、もっとも手札のカードが多い人が勝ちです。

上級向けの応用ルールとして、2つの特徴を兼ね備えている泥棒を数える、という遊び方もあります。

ここがオススメ: よくあるシンプルな数えるタイプのゲームかと思いきや、隣に渡す3枚の内容を吟味することでより数えやすくなる工夫ができるのが新しい、子供から大人まで手軽に楽しめるゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入