バナー:カレンダー2022

ゲーム紹介: カフナ / Kahuna

0 Comments
すごろくや

島々をより多く繋いで領地にする
カフナ / Kahuna
メーカー: KOSMOS (コスモス, ドイツ), 発売年: 2010年(原版は1998年)
作者: Günter Cornett (ギュンター・コルネット)
10才~大人, 2人専用, 所要30分, ルール難度:★★(2)

カフナ(缶箱版):箱

『カフナ』は、魔法使いとなって、12の島々を魔法の力でつなげることで勢力争いをする、2人専用のゲームです。

カフナ(缶箱版):展示用写真
カフナ:カード

手札のカードを使うと、対応する島から、魔法の力が作用します。


カフナ:スティックを置く

ここでは、JOJO島とELAI島から魔法の力(スティック)が伸ばされました。


カフナ:コマを置く

島から伸びている線の過半数が自分のスティックになると、その島を支配したことになってコマを置けます。
写真では、JOJO島の5本の線のうち3本を黒が占めたので、コマが置かれました。


カフナ:他のスティックが排除→コマも消滅

支配が生じると、その島からライバルの魔法の力は取り除かれてしまいます。
写真のJOJO島の白スティックが取り除かれました。 そして、これによって白はFAAA島の支配権を保持できなくなり、コマも消滅してしまいます。


こうして、互いにカードを出してスティックを置く、ということを繰り返して、島々の支配権を塗り替えていきます。
カード補充のための山札が3回なくなったらゲーム終了です。支配している島の数に応じて貰える得点を合計して、より多い人が勝ちです。

ここがオススメ: 劣勢に見えても、カードを溜めてうまく使うことで、状況をひっくりがえすような連鎖を起こすのが楽しいゲームです。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入