ゲーム紹介:ホワイトチャペル / Letters from Whitechapel

0 Comments
すごろくや

切裂魔役の逃走を捜査員役が追跡
ホワイトチャペル / Letters from Whitechapel
メーカー: Nexus (ネクサス, イタリア), 発売年: 2010年
国内版発売元ホビージャパン
作者: Gabriele Mari (ガブリエル・マーリ, 代表作: 『ミスターX』) & Gianluca Santopietro (ジャンルーカ・サントピエートロ)
14才~大人(R指定あり), 2~6人用, 所要60~150分, ルール難度:★★☆(2.5)

ホワイトチャペル(日本語版):箱

『ホワイトチャペル』は、19世紀末のロンドンの殺人事件をテーマに、切り裂きジャック役は犯行を冒しながら逃走し、ロンドン市警役はそれを捕まえるべく追跡するゲームです。
「ホワイトチャペル」は事件が起こったロンドンの街の名前です。
猟奇的な表現を含むため、R指定が付いています。

ホワイトチャペル:展示用写真

【リリース文より】

1888年ロンドン。 ここはホワイトチャペル地区。 ようこそ、切り裂きジャックの町へ。

毎夜、ジャックを演じるプレイヤーは、新たな殺人を実行し、隠れ場所へ逃れようとします。
捜査員となる他のプレイヤーたちは、ジャックを追跡し、彼を逮捕する手掛かりを集めていきます。

このゲームは、正確な歴史考察に基づく、雰囲気たっぷりのアートワークを用いた、手に汗握る2~6人用のゲームです。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入