ゲーム紹介:ロビンフント / Robin Hund

0 Comments
すごろくや

皆の手札内容を鑑み義賊の受渡し
ロビンフント / Robin Hund
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2010年
作者: Eugen Wyss (オイゲン・ヴィス, 代表作: 『サイトシーイング』)
6才~大人, 2~5人用, 所要15分, ルール難度:★☆(1.5)

ロビンフント:箱

『ロビンフント』は、他の人がどんなカードを手札に入れたかを観察しつつ、まだ持っていないであろうカードを渡すことで、宝物を獲得するチャンスを増やしていくゲームです。

ロビンフント:展示用写真

無慈悲な伯爵が森の住人たちを苦しめて貯め込んだ金銀財宝を奪い返すため、犬の英雄ロビンフント(「フント」はドイツ語で犬のことです)が、ふくろうやカエルなどの義賊仲間を集めて伯爵のお城に迫ります。

1人ずつ代わりばんこに、場にある義賊カードを1枚選んで取っては、〈自分の手札に入れる〉か、〈他の誰かに渡す〉かを選びます。

自分の手札を増やすことで義賊5人のチームを完成できたら、ご褒美として宝箱カード(得点)と交換できます。しかし、同じ種類の義賊カードを持つことはできません(全6種類)。重複しているカードは、他の誰かに渡すことで、自分のコマをお城に向かって進めることができ、この方法でも宝箱カードの獲得に近づいていきます。

しかし、渡される方も、すでに持っている同じ種類の義賊カードは受け取れません。せっかく渡そうとしたのに「それ、もう持ってる」と言われてしまうと、そのカードは捨てられ、せっかくの手番が無駄になってしまいます。

こうして、誰が何を受け取ったのかをよく観察しながらゲームを続けていき、先に宝箱カード5枚か、または描かれている金貨袋を合計10個分集めた人が勝ちです。

ここがオススメ: 各自の手札内容を気にしつつ、カードを渡すとその人の得にもなってしまうので、得点状況も見て、取るカードや自分も含めて誰に渡すのかの判断が悩ましくて楽しい、子供とじっくり遊ぶのに適したゲームです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入