ゲーム紹介:指輪物語 (新版)

0 Comments
すごろくや

協力し冥王の指輪を葬る冒険の旅
指輪物語(新版) / Lord of the Rings
メーカー: Fantasy Flight Games(ファンタジーフライト, USA), 発売年: 2010年(原版は2001年)
作者: Reiner Knilzia (ライナー・クニツィア, 代表作:『ケルト』『インジーニアス』など多数)
12才~大人, 2~5人用, 所要60~90分, ルール難度:★★☆(2.5)

ドイツ 2001年
ゲーム大賞(Spiel des Jahres)
文芸特別賞(Sonderpreis Literatur)

指輪物語:箱

『指輪物語(新版)』は、トールキンの小説『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』をテーマに、各自ホビット族の仲間となって、冥王サウロンの指輪を破壊するため、協力しながら危険な冒険に立ち向かうゲームです。
2001年に発行されて人気を博した同タイトルのゲームが、内容物を一新し、少しコンパクトな箱に収められた新版となって復活しました。

指輪物語:展示用写真

【リリース文より:】

あなたたちの使命は、冥王サウロンから「ひとつの指輪」を取り戻し、滅びの山の紅蓮の溶岩でそれを破壊することです。フロドと旅の仲間達とともに中つ国をめぐる、危険な冒険行に出るときです。あなたを導いてくれるのは、あなた自身の能力と運命だけです!

指輪物語ボードゲームは、名匠ライナー・クニツィアによりデザインされ、ファンタジーアートワークの第一人者、ジョン・ハウの手によるイラストが使用されています。旅の仲間達をサウロンの邪悪な間の手から導き、中つ国を闇の手から救うのです!
プレイヤーは5人のホビットたち ― メリー、ピピン、「でぶちゃん」、サム、そしてフロドとなって、ひとつの指輪を破壊する冒険へと立ち向かいます。4つのゲームボードをめぐる冒険の間、指輪の運び手は指輪の誘惑に耐え、打ち勝たなくてはならないのです。

指輪物語:カード例

指輪物語ボードゲームは今話題の協力型のボードゲームです。
プレイヤーは一致団結し、何度もプレイしている人にとっても常に難しい判断を迫る、ゲームシステムが生み出す困難に立ち向かい、打ち勝たなくてはならないのです。 協力型のゲームである指輪物語ボードゲームでは、指輪物語の世界での出来事にプレイヤーを没頭させ、物語の登場人物同様に仲間の成功に笑い、運命のめぐりの悪さを嘆くことになるでしょう。


この新版のシルバーライン版では、美しいグラフィックと繊細なジョン・ハウによるイラストととともに、装いも新たなものとなっています。
ゲームの内容物のいくつかは、サイズとデザインを新版に切り替えたことに伴い、コンパクトなものに改めています。 このため、この新版の指輪物語ボードゲームは、以前出版されていた追加セットとは合せて使用することができません。

ゲームの内容物 ゲームボード、戦闘ボード2枚、クエストカード60枚、物語カード35枚 他カード・タイル多数  

店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
初回(2010年 9/30)入荷分に付属していた和訳説明書に、バランス上致命的となる問題がありましたが、修正したものと入れ替えました。
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入