ゲーム紹介:モーとメー

0 Comments
すごろくや

袋を選び自色の動物を感触で収集
モーとメー / Muh & Mäh
メーカー: HABA (ハバ, ドイツ), 発売年: 2009年
作者: Thomas Liesching (トーマス・リーシュイン, 代表作:ナイアガラ)
3才~大人, 2~4人用, 所要10分, ルール難度:★(1)

モーとメー:箱

『モーとメー』は、3つある袋の中から、手探りで動物コマを探す袋をうまく選んで、自分の牧場の動物を一早く揃えるゲームです。

モーとメー:遊戯中

ウシやヒツジ、カエルまでもがすべて牧場からいなくなってしまいました! 各自の色の牧場ボードに、ふたたび動物をいち早く揃えることができるのは誰でしょうか?

モーとメー:展示用写真

1人ずつ、代わりばんこに、3つある袋の中から1つを選んで、手探りで動物コマを取り出します。感触でウシ・ヒツジ・カエルを確かめましょう。
もし、取り出した動物が自分の牧場と同じ色であれば、牧場ボードに置いていくことができます。

もし、違う色の動物を取り出してしまったら、好きな袋を選んで、そこに戻します。このとき、どの袋に・誰の・どの動物が・どのくらい入っているかを考えて、戻す袋を選びましょう。たとえば、自分の動物がたくさん入っている(と思われる)袋に他の人の動物を戻してしまうと、少し薄まってしまうわけです。

そしてまた次の人が、取り出す袋を選びます。もちろんこのときも、どの袋に・誰の・どの動物が・どのくらい入っているかを考えて選んだ方がうまくいくことでしょう。

こうしてゲームを続けていき、自分の牧場を動物でいっぱいにできた人が勝ちです。

3~8才でもできる、もっと簡単なルールもあります。

ここがオススメ: 取り出すときに、感触で他の動物コマにどんなものがあるかを察知したり、誰がどこに戻したかをよく観察したりすることで、より良い「引き」をたぐり寄せるのが楽しい、小さな子から大人まで簡単に盛り上がるお薦めのゲームです。
誰にとってもハズレという存在の、青い動物コマがスパイスとしてピリリと効いています。
店内でサンプルをご覧いただけます。

[ボタン:これを取り扱いリストで確認/購入]
関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入