ゲーム紹介:スクイント

0 Comments
すごろくや

記号をつなげて絵を作り当てさせる
スクイント / Squint
メーカー: out of the Box (アウト・オブ・ザ・ボックス, USA), 発売年: 2002年
作者: Deborah Boss(デボラ・ボス)
12才~大人, 3~8人用, 所要30分, ルール難度:★

スクイント:展示用写真

『スクイント』は、幾何学図形部品のカードを組み合わせて、お題に沿った絵を創り、当ててもらうゲームです。

代わりばんこにひとりずつ、絵を創って当ててもらう出題者の役を行ないます。お題がカードによって示されたら、砂時計の砂が落ちきるまでに、それを図形の部品カードで作っていきましょう。

うまく当てた人と出題者には得点が与えられます。こうしてゲームを続けていき、より高得点を目指します。

ここがオススメ: 自由に絵を描くのではなく、ありものの部品だけを使って創るという点が、もどかしくもあり笑いを誘う、気軽に楽しめるお薦めのゲームです。
カードの縁を見ずに、青い線だけを意識できるようになると、かなりいろいろなものを創れるようになります。

どんな風なものができるか、メーカー提供の映像をご覧ください。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入