ゲーム紹介:スピーディサンデー

1 Comments
すごろくや

同じ色札が現れたら素早く玉入れ
スピーディ サンデー / Schneller Becher
メーカー: HABA(ハバ, ドイツ), 発売年: 2007年
作者: Udo Peise(ウド パイゼ) & Macro Teubner(マルコ トイブナー, 代表作:森のドングリ)
4才~大人, 2~5人用, 所要10分, ルール難度:★

スピーディサンデー:キッズ遊戯中

『スピーディ サンデー』は、次々めくられるカードを全員が観察し、条件が揃ったら素早く玉を器に投げ入れて得点を稼ぐゲームです。

めくり役が、7色あるアイスクリームカードを次々にめくって重ねていきます。
全員よく観察し、同じ色の2枚目が出たのを確認したら、早い者勝ちで手元のアイス玉をサンデーの器に投げ入れます。

いちばん早く器に入れた人が、それまでにめくられたアイスクリームカードを総取りし、自分のアイスクリームサンデーをより豪華にしていきます。
一方、めくる係は、同色の2枚目が出るまでにそれまでのカードを貰ってしまうこともできます。

こうして、めくり役を交代しながらゲームを続けていき、アイスクリームカードが尽きたらゲーム終了です。自分のサンデーを一番豪華にトッピングできた人が勝ちです。

ここがオススメ: 玉を、素早く、うまく投げ入れるのが楽しいゲームです! 確実に入れようと思っても簡単ではありません。また、アイスクリームカードの色が微妙なので、遊んでいくと2枚目だったかどうか判らなくなり、投げ入れるタイミングを逃してしまうことも…。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 1

まだコメントはありません。
Jun  

みんな、素早く気がついていっせいにゴ~ル!を狙うのですが、玉が結構
飛び跳ねるんですよね~。それをしっかり見届けてからゴールを狙った人が
圧勝しました!

2007/10/30 (Tue) 12:31 | EDIT | REPLY |   

コメントの記入