ゲーム紹介:ロジップ

0 Comments
すごろくや

数の上昇下降を鑑み地雷を避ける
ロジップ / LogZip
メーカー: 学習研究社(日本), 発売年: 2008年
作者: 沙月みと(さづき みと, 代表作: まじかるスクール)
6才~大人, 2~4人用, 所要15分, ルール難度:★☆

ロジップ:箱
ロジップ:遊戯中

『ロジップ』は、ライバルが設置したカードの数字を鑑み、伏せて置かれている地雷の数字は出さないように、自分も地雷の数字を設置していく、名作国産ゲーム『アルゴ』に続く数当て推理ゲームです。

代わりばんこに、手元をまっさらな状態にしてから、罠を張るべく、自分の手札からカードを並べていきます。

ロジップ:最初の1枚

まず最初の1枚は表向きにして置きます。この時、このカードの数字が 他の人が伏せている地雷の数字だった場合には、「地雷を踏んでしまった」としてペナルティの黒チップを受け取ることになります。また、その地雷の数字を設置していた人(人達)には得点チップが与えられます。


ロジップ:可能性を探る

地雷の数字をうまく避けるためには、伏せてある数字のルールをよく考えましょう。
手元に伏せて置くカードの数字は、どれも かならず隣同士で続き番号(もしくは同数)として置かなければなりません。また、数字をさらしているカードの隣のカードの数字は、右側なら「以上」、左側なら「以下」を表していることもヒントになります。また、各数字で1枚ずつしかない赤カードも、覚えておくと有利に働きます。
地雷としてありうる数字の範囲や、これまでに出現した数字の分布から、うまく安全な数字を見出していきましょう。


こうした攻防を続けていき、誰かがペナルティチップを2枚受け取るか、規定の山札枚数が尽きるかしたらゲーム終了です。最も得点チップを集めた人が勝者となります。

ここがオススメ: 公開されている数字と並びをヒントに、どんな数字がありえるかの論理的な推理力と、推理できないくらいの巧妙な並びを作るための取捨選択が問われる 楽しいゲームです。
まったく遊び方が異なる、2人専用のゲームルールも入っています。
店内でサンプルをご覧いただけます。

関連記事
すごろくや
投稿者:すごろくや

コメント 0

まだコメントはありません。

コメントの記入